セミナー視聴時の不具合について(対象:iOS15.2、iPadOS15.2、Mac safari15.2 )

GigaCastをご利用のお客様

日頃よりロゴスウェア製品をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

先日リリースされた「iOS15.2、iPadOS15.2」および「Mac Safari(ver15.2)」でGigaCastで配信するライブセミナーが視聴できないことを確認しております。

以下に 1.現象、2.原因、3.影響範囲、4.暫定回避策についてご案内します。

1.現象

GigaCast配信中のセミナーを視聴した場合、10秒に1回「遅延解消中…」の状態となり、ライブセミナーが視聴できないことを確認しております。 
(※ 10秒ごとに、セミナー映像が切れる状態)

2.原因

本件の原因はSafari15.2(Webkit)のバグによる影響ということが判明しております。

参考サイト)
https://bugs.webkit.org/show_bug.cgi?id=231225
https://trac.webkit.org/changeset/283585/webkit/

Safari(Webkit)側での該当バグFix対応は完了しており、リリース待ちの状態のようです。
以下のURLから取得可能なSafari Technology Preview(Release136) では改善されていることが確認できております。

参考サイト)
https://developer.apple.com/safari/download/

3.影響範囲

端末:以下の端末で現象が発生します。

端末 OS ブラウザ
iPhone iOS15.2 safari
iPad iPad OS15.2 safari
Mac MacOS 12.1 safari 15.2のみ

配信の種類:ライブセミナーのみ

ライブセミナー視聴時(招待セミナー、申込セミナー、オープンセミナー)に現象が発生します。

※録画(配信用録画、ダウンロード用録画(MP4))につきましては、本現象は発生しません。

4.暫定回避策

問題が改善するまでは以下の対応をお願いいたします。

iPhone、iPadで視聴する場合

iOS15.2、iPad OS15.2へのアップデートは行わないでください。

≪既にアップデートされている方の対応方法≫

  1. iPhone、またはiPadの[設定]をタップ
  2. [Safari]をタップ
  3. 一番下の[詳細]をタップ
  4. [Experimental Features]をタップ
  5. [GPU Process:Canvas Rendering]」をOFF

≪まだアップデートをされていない方へのご案内≫

ソフトウェアの自動アップデートがオンになっていると自動的にアップデートがはじまってしまいます。
そのため、自動アップデートをオフにすることをお勧めます。

Macで視聴する場合

MacOS 12.1(safari 15.2)へのアップデートは行わないでください。

≪既にアップデートされている方の対応方法≫

chromeで視聴してください。

更新履歴

  • 2021年12月15日 初回投稿

ご不明な点がございましたら販売代理店又は弊社サポートアドレスまでご連絡ください。
ロゴスウェア サポートアドレス:support@logosware.com