回答


カテゴリー一覧に戻る


1.わからないことがあったら?


2-1.概要(購入、動作環境)


2-2.概要(購入、動作環境)月額固定/プリペイド


3.基本的な機能、仕組みを知りたい


4.こんなことできますか?


5-1.トラブルシューティング(閲覧者側)


5-2.トラブルシューティング(モバイルアプリ)


5-3.トラブルシューティング(配信側)


5-4.トラブルシューティング(プリペイド)


6.回線テストについて

1.わからないことがあったら?

質問、要望があるのですが、どうしたらいいですか?
[ID:GC120105-01, UPDATE:201201]
ご不明な点は、FAQをご確認ください。
それでも解決しない場合、こちらからお問い合わせください。

技術的なドキュメントを公開している所はありますか?(最近更新されたホワイトペーパーは?)
[ID:GC120604-01, UPDATE:201204]
下記以外にも、さまざまな資料があります。「ロゴスウェアマニュアルライブラリ」をご覧ください。キーワード検索もできます。

2-1.概要(購入、動作環境)

推奨動作環境を教えてください。
[ID:GC111124-13, UPDATE:201111]
詳細は『動作環境』をご確認ください。

GigaCastを利用するにあたって必要な機材やソフトウェア等教えてください
[ID:GC111124-07, UPDATE:201111]
▼閲覧側
専用で必要となるソフトウェアはございません。FlashPlayer10以上をご利用頂いているPCであれば、ブラウザ上より閲覧頂くことが可能です。

▼配信側
インターネットに接続されたPC、webカメラ、ヘッドセットが必要になります。
高画質な映像配信を行いたい場合は、Adobe社のFMLE(Flash Media Live Encoder:無償)をお使い頂けます。

販売体系を教えてください。
[ID:GC111124-21, UPDATE:201310]
お客様のご利用シーン合わせて、さまざまなプランを用意しております。以下をご参照ください。
https://powerlive.logosware.com/powerlive-gigacast/price/

詳しくは、お問い合わせフォームよりご相談ください。導入にあたってのプランニングを含めてサポートいたします。
https://powerlive.logosware.com/inquiry/

購入前に、無料で試用することはできますか?
[ID:GC111124-03, UPDATE:201111]
はい。可能です。お問い合わせフォームからお申し込みいただけます。

このオンラインセミナーシステムを自社のサービスとして販売することはできますか?
[ID:GC111124-12, UPDATE:201111]
ご相談ください。

2-2.概要(購入、動作環境)月額固定/プリペイド

【プリペイド】ポイントの追加は、何ポイントからできますか?(GigaCast Cloud プリペイド)
[ID:GC131129-06, UPDATE:201311]
最小5,000ポイントからで、以下の販売ポイント単位での追加となります。
https://powerlive.logosware.com/powerlive-gigacast/price/#cloud-prepaid

【プリペイド】ポイントに有効期限はありますか?
[ID:GC160620-03, UPDATE:201606]
いいえ。有効期限はありません

【プリペイド】『最低消費ポイント』とは何ですか?
[ID:GC160620-01, UPDATE:201606]
1回のセミナーで必ず消費するポイントです。消費が800ポイントに満たない場合も800ポイントを消費します。

【プリペイド】セミナー配信途中でポイントがなくなったら、セミナーは終了してしまいますか?
[ID:GC131129-07, UPDATE:201311]
いいえ、開催中のセミナーはそのまま配信可能です。セミナー終了後に不足ポイントの追加購入をお願いします。

【プリペイド】セミナー終了後に確認したところ「マイナス100」ポイントでした。100ポイント追加購入して精算すればいいですか?
[ID:GC131129-08, UPDATE:201311]
ポイントの購入は、マイナス分のみではなく、以下の販売ポイント単位でお願いします。
https://powerlive.logosware.com/powerlive-gigacast/price/#cloud-prepaid
例)
1. -100ポイントの状態
2. 5,000ポイント追加購入
3. 利用可能ポイントが4,900ポイントとなる

【プリペイド】録画する際、ポイントは発生しますか?また、どのような価格体系になっていますか?
[ID:GC160620-02, UPDATE:201606]
はい。ポイントが必要です。録画・配信の場合は一分当たり40ポイント(一カ月配信)録画・ダウンロードの場合は一分当たり70ポイントとなります。
※録画データのダウンロード期限:2週間

【プリペイド】予約時の人数よりも少ない参加人数だった場合、消費ポイントはどのようになりますか?
[ID:GC160620-04, UPDATE:201606]
予約時より実際の参加者が少なかった場合は、セミナー終了後にポイントをお戻しします。

【プリペイド】セミナーは延長することが出来ますか?
[ID:GC160620-05, UPDATE:201606]
はい。最大一時間延長が可能です。
※Cloud月額固定プランは、契約可能時間の範囲内でなければセミナーを実施/延長出来ませんのでご注意ください。

【プリペイド】同一時間帯に、複数のセミナーを並行して開催することはできますか?
[ID:GC160620-06, UPDATE:201606]
はい。可能です。
※Cloud月額固定プランは、同一時間帯に複数のセミナーを並行して開催することは出来ないのでご注意ください。

【月額固定】利用可能時間帯はセミナー毎に自由に変更できますか?
[ID:GC160620-07, UPDATE:201606]
いいえ。契約開始から1年間は配信時間帯を変更する事はできません。

【月額固定】】契約後に、契約人数の変更はできますか?
[ID:GC160620-08, UPDATE:201606]
いいえ。契約開始から1年間は契約人数を変更する事はできません。

【月額固定】最低利用期間は何ヶ月からですか?
[ID:GC160620-09, UPDATE:201606]
1ヶ月から契約が可能です。

【月額固定】契約時間帯以外にセミナーを実施したい場合、どうすればよいですか?
[ID:GC160620-10, UPDATE:201606]
プリペイド制は配信時間の制限が無い為、併せての契約をご検討ください。

資料画面に表示できる資料形式は何ですか?
[ID:GC160620-11, UPDATE:201606]
GigaCastCloudでは、PDFとPPTに対応しています。
※閲覧用(ライブ時に説明で用いる)、ダウンロード専用(参加者にDLさせる)どちらかの用途を指定して登録します。

3.基本的な機能、仕組みを知りたい

何人まで同時に接続できますか?
[ID:GC111124-08, UPDATE:201111]
GigaCastは新しい技術とCDNを利用することにより、数千人規模の配信を実現します。現時点では、1,000名規模のオンラインセミナーで利用出来ることが実証されています。

アップロードするファイル(資料)に容量制限はありますか?
[ID:GC111124-05, UPDATE:201602]
1ファイルにつき、512MB以内であればアップロードが可能です。

アップロードできるファイル(資料)に制限はありますか?
[ID:GC111124-06, UPDATE:201602]
はい、現在はExcelファイルはアップロード不可となっております。以下の拡張子ファイルはアップロードが可能です。txt,TXT,doc,DOC,docx,DOCX,ppt,PPT,pptx,PPTX,pdf,PDF,jpg,JPG,jpeg,JPEG

尚、GigaCastCloudでは使用可能なファイルがPowerPoint(ppt,PPT,pptx,PPTX)とpdf(pdf,PDF)2種類のみとなっております。

チャットの入力文字数制限はありますか?
[ID:GC111124-32, UPDATE:201111]
一度に入力できるのは100文字までとなっています。

チャットの履歴を見ることはできますか?
[ID:GC111124-35, UPDATE:201111]
お客様がログインした時点からの書き込みは履歴として蓄積され、さかのぼって確認することが可能です

表示されている資料はダウンロード可能ですか?
[ID:GC111124-37, UPDATE:201111]
講師側がダウンロード用の資料を用意しているときは、そのファイルをダウンロードすることができます。 画面右にある、「資料」タブをクリックすると下にリストが表示されます。任意の資料を選択し、 「選択中の資料をダウンロード」をクリックするとダウンロードできます。

CDNとはなんですか?
[ID:GC111124-02, UPDATE:201111]
CDNとはコンテンツ・デリバリー・ネットワークの訳で、大容量のコンテンツ配信を複数のサーバーに振り分け、安定的、かつ低コストで行えるネットワークシステムのことを言います。エンドユーザーからのリクエストごとに最適な配信サーバーを選択するため、突発的なアクセス集中などによる応答遅延/不能などの障害を回避し、スムーズな配信が可能となります。

映像配信の品質は自由に選ぶことができますか?
[ID:GC111124-09, UPDATE:201111]
CDNを使用し、配信可能となるデータ量に制限がない為、セミナー配信側の要望する映像品質を自由に設定することが可能です。

バナー広告の掲載とはなんですか?
[ID:GC111124-11, UPDATE:201111]
誘導したいサイトへのリンクを貼った2種類のバナーを表示することが可能です。USTREAM等でもバナー広告が表示されていますが、配信者の意図するバナーを出すことは出来ません。LOGOSWARE GigaCastはバナー画像を指定し、リンクURLを指定することが出来ますので配信者がイメージするサイトへの誘導が可能です。

Macで利用できますか?
[ID:GC111124-14, UPDATE:201606]
はい、Macでも配信、受講それぞれに対応しております。講師側で映像音声の配信を行う際はMacOS向けのLGE(LOGOSWARE GigaCastエンコーダー)をご利用ください。
尚、MacOSでLGEを用いた配信を行う際は必ずFireFoxブラウザをご利用下さい(配信を行わない場合はSafariブラウザでも問題ありません)。

※デスクトップ配信が可能な、スクリーンキャストはMacOSでは使用出来ません(WindowsOSのみ対応)
 予めご注意ください。

映像で使用しているプロトコルは何でしょうか?
[ID:GC111124-17, UPDATE:201111]
RTMP(FlashMediaServerで使用しているストリーミングに特化したプロトコル)を使用しています。

ファイアウォール(リバースプロキシやNAT)からの接続に対応していますか?
[ID:GC111124-16, UPDATE:201111]
はい、対応しています。プロキシの種類によっては、映像、音声の遅延、または回線の切断が発生することがあります。
ネットワーク管理者にご確認ください。

大人数に配信すると映像の品質が落ちますか?
[ID:GC111124-18, UPDATE:201111]
いいえ。CDNを利用しているため人数により映像の品質が変化することはありません。

配信する映像の品質は、運営者側で自由に設定できますか?
[ID:GC111124-19, UPDATE:201111]
はい、FMLE(FlashMediaLiveEncoder)およびLGE(LOGOSWARE GigaCastエンコーダー)を使用すると設定できます。

Webカメラの品質が高いものを利用すると、それに比例して、映像品質も向上しますか。
[ID:GC111124-20, UPDATE:201111]
民生用のビデオカメラを利用することで、画面の発色やコントラストが向上する場合があります。(ご利用頂くカメラ/レンズの性能に依存します)

Macで作成したPowerPointは使用できますか?
[ID:GC120523-01, UPDATE:201205]
Macで作成したPowerPointはWindows版と作成書式が異なるため、推奨外としております。

利用したい場合は、Macで作成したPowerPointファイルをWindowsPCのPowerPointで開いてみてください。Windows版PCでフォントの崩れや、データの破損がなければ、LOGOSWARE GigaCastでも使用出来る可能性があります。

セミナー実施後に、どんなログを取得できますか?
[ID:GC120810-01, UPDATE:201208]
以下のログを取得できます。管理画面より、csv形式で取得します。
1.参加者ログ(ログイン時間、最後に退出した時間)
2.チャット、質問ログ
3.アンケートログ(全体総数、個別回答履歴)

ロゴ、バナーの画像にはどのような形式が使用可能でしょうか?
[ID:GC130212-01, UPDATE:201302]
png/jpeg形式が利用可能です。

「配信確認」と「参加者画面」は、何が違いますか?
[ID:GC131211-02, UPDATE:201312]
「配信確認画面」は、セミナー開始前や開始後に、セミナー運営者が画面を確認するためのものです。「参加者画面」は実際にセミナー閲覧者が閲覧するものです。

表示自体は同一ですが、「配信確認」画面には、「開始前画面」と「終了後画面」は表示されません。

「チャット」と「質問」の違いは何ですか?
[ID:GC160620-12, UPDATE:201606]
チャットは参加者全員に見えるオープンな書き込みです。
一方で質問は講師と質問者のみに見えるクローズの書き込みです。

4.こんなことできますか?

閲覧者側で、「質問」が正しく届いたか確認できますか?
[ID:GC111124-27, UPDATE:201207]
送信後に「質問を送信しました」というウィンドウが表示されます。

閲覧者側で、表示されている資料を印刷できますか?
[ID:GC111124-29, UPDATE:201207]
講師が資料の印刷を許可している場合、印刷可能です。画面右上の「印刷」ボタンをクリックし、印刷画面へ移動してください。

資料の文字が小さくて見にくいのですが、閲覧者側で大きく表示できますか?
[ID:GC111124-30, UPDATE:201207]
講師がレイアウトの切り替えを許可している場合、閲覧者もレイアウトを切り替えることができます。レイアウト2で、資料の最大表示になります。 通常の大きさに戻したい場合はレイアウト1にしてください。

閲覧者側で、資料の前のページを見ることはできますか?
[ID:GC111124-31, UPDATE:201207]
講師が資料を自由に閲覧できるよう許可している場合、見ることができます。画面上の「リンク解除」ボタンをクリックして頂くと、資料のページを自由に切り替えて閲覧する事が可能になります。
資料ページの切替は「リンクの解除」ボタンをクリックして展開される右側、ページ送りボタン(左右の三角)で行います。 講師が表示している資料のページに戻る場合は、「リンク」ボタン をクリックしてください。講師が資料への操作を行ったタイミングでリンクが戻ります。

テキストチャットの文字は大きくできますか?
[ID:GC111124-36, UPDATE:201111]
チャットの文字色を変更することは可能ですが、文字のサイズ変更は対応しておりません。

急に受講者の人数が予定より多くなってしまった場合はどうすればよいですか?
[ID:GC111124-10, UPDATE:201111]
管理画面より参加者の追加が可能です。

いいねボタンのクリックログを取得できますか?
[ID:GC120810-02, UPDATE:201208]
ver1.7.0より取得が可能となりました。

チャットや質問の発言禁止措置は可能ですか?
[ID:GC120810-11, UPDATE:201208]
「受講者全員」および「受講者単位」での発言禁止対応が可能です。
なお、受講者単位での発言禁止措置を行った場合はチャットだけが発言禁止に設定され、質問機能からの発言は可能です(これは、受講者の状況(反省度合いなど)を確認できるようにするための仕様です)。

keynoteで作成した資料は使えますか?
[ID:GC130425-01, UPDATE:201304]
keynoteのファイル自体は使用不可ですが、資料作成時にppt形式で保存頂くことでお試しいただくことは可能です。ただし、ppt形式で変換頂いた際、文字ずれやフォントによっては再現しない部分が生じることがございます。事前に、Windows環境で該当ファイルを開いて問題ないか確認した上でご利用ください。

HD画質の映像配信には対応していますか?
[ID:GC130425-02, UPDATE:201304]
はい。GigaCastでは配信する映像品質を調整できますのでHD対応のカメラを用いることで配信が可能です。尚、高品質の映像を配信する程視聴者側の受信負荷も高まりますので、運用実績では低帯域(100-500kbps程度)での配信が多いです。

セキュリティが厳しく、ネットワーク環境の設定を変更する必要がある場合はどのように対処すれば良いですか?
[ID:GC140520-01, UPDATE:20140520]
GigaCastスタンダードをご利用の場合、受講者側が接続する回線はドメイン指定でのネットワーク開放を依頼してください。CDNの特性上、GigaCastスタンダードではIP指定は出来ません。
もしも、IP指定でのネットワーク開放が必須条件であれば、GigaCastCloudの利用をご検討ください。

5-1.トラブルシューティング(閲覧者側)

ログインできません・セミナーが始まりませんCheck
[ID:GC130808-01]
■以下をお試しください
A. いったんすべてのブラウザを閉じて、再接続してください

B. 別ブラウザで接続してください

C. ブラウザのキャッシュをクリアしてから再接続してください

D. 他のパソコン・スマートフォン・タブレットで接続してください

E. 有線LAN環境から接続してください

F. ログイン画面右上の「障害情報」をご確認ください。
  セミナールームに障害が発生している可能性があります。


■そのほかの原因
以下ご確認の上、解決しなければ運営者にお問い合わせください。

▼「開催していません」と表示される
端末の日時設定をご確認ください(Windows XP 時刻変更Windows 7、Vista 時刻変更

日本以外の国からアクセスしている場合パソコンの「タイムゾーン設定」と「時刻の設定」とに不整合がある可能性があります(例:タイムゾーンが海外になっているにもかかわらず、時刻が日本時刻になっている)。以下のどちらかの設定を行ってください。
・ タイムゾーンを現地に設定し、時刻を「現地時間」にする
・ タイムゾーンを「日本(東京(UTC+09:00)等)」にし、時刻を「日本時間」にする

▼<エラーコード100、101>と表示される
アクセスするセミナーURLが間違っています。ブラウザに正しいURLを入力してください。

▼<エラーコード 400、402>
視聴環境のインターネット回線が何らかの理由で切断されています。
セキュリティーを強化するためのファイヤーウォール、プロキシーの設定がされていると接続できない場合があります。

会社などで利用する場合は、会社のネットワーク担当者にお尋ねください。一般家庭の場合は、自ら特別な設定をしない限り設定はされていないのが通例ですが、インターネット接続プロバイダが、そのようなサービスを付加しているような場合もございますので、プロバイダにご確認ください。
※GigaCastCloudをご契約頂けている場合は、『gigacast.tv』ドメインのサイトへのアクセス許可をネットワーク担当者にご依頼ください。

▼1人だけ入れるURLである可能性
セミナールームによっては、1URLで一人だけログインできる設定になっています。その場合複数人ではログインできません。運営者にお問い合わせください。

「ログインしています...」から画面が進まない
[ID:GC151109-01]
■以下をお試しください
A. いったんすべてのブラウザを閉じて、再接続してください

B. 別ブラウザで接続してください

C. セキュリティソフトや、ISPサービスで特定のサイトへのアクセスを制御していないかご確認ください
  (ペアレンタルコントロール、ホワイトリストの設定等)

音や動画が途中で途切れてしまいます
[ID:GC130808-02]
■以下をお試しください。
A. 接続を一旦切って、もう一度接続する
  ※セミナー画面上にある「遅延解消」ボタンを押すと簡易的に再接続できます。

B. 有線LANで接続する

C. 同じLANの中で、複数台のPCを同時に利用しない

D.別のネットワークを利用する
  大学や企業ネットワークによっては、長時間のストリーミングを切断することがあります。

ご参考:ネットワーク環境の問題
以下の場合、回線速度が遅くなったり、接続が不安定になる場合があります。
接続環境をご確認の上、プロバイダーへお問い合わせください。

・ ネットワークの速度が不安定な場合
・ 無線LANや、モバイル通信の場合
・ ADSLの基地局から遠い場合

音が出ません
[ID:GC130808-03]
■以下をご確認ください。
・ 音量がミュートになっている、また音量が小さく設定されている
  PC上で適切なボリュームに設定されているかご確認ください。

チャット・質問について
[ID:GC130808-04]
セミナーによっては、チャット・質問機能を無効にしていることがあります。その場合は利用できません。

■「チャット」と「質問」の違いは何ですか?
「チャット」は参加者全員に表示されます。「質問」は記入者・講演者・主催者のみ閲覧できます。

■チャットの制限
1.一度に100文字まで送信可能です。
2.書込んだあと、5秒程度あけると次の書き込みが可能になります。

■チャットの書込みを制限
不適切な書き込みや、講演者・主催者の指示に従っていただけない場合は、チャットの書込みを制限する場合があります。充実したセミナーの提供のために、ご協力をお願いいたします。

「**% Loaded…」となり資料が表示されない
[ID:GC111124-26, UPDATE:201111]
お客様のネットワーク環境により、場合によって資料の取得が途中で中断する現象があります。 一度ブラウザを終了し、再度セミナーをご案内したメール内のURLよりログインしなおしてください。

『アップデートエラー サーバーとの通信が行えません』と表示され、通信が切断される
[ID:GC120820-01, UPDATE:201208]
ライブ授業中にウィルスチェックソフトを一時的に停止するとと通信切断が改善されることから、ウィルスチェックソフトのアップデートとの相互作用が考えられています。

ライブ授業の時間帯はウィルスチェックソフトを一時的に停止し、ウィルスチェックソフトの設定状況をご確認のうえ、状況が改善されるまでは経過観察をお願いいたします。なお、ウィルスチェックソフトの設定につきましては、各メーカーにお問い合わせください。

Windows8でURLを開くと白画面になる
[ID:GC121227-01, UPDATE:201308]
Windowsのアップデートをしていない場合、メトロモード(Windows8系OS特有のインターフェース)で閲覧できないことがあります。Windowsのアップデートを適用するか、デスクトップ表示に切り替えて閲覧してください。

Macでかな全角文字を入力できない
[ID:GC120430-01, UPDATE:201204]
Mac用のAdobe Flash Playerに起因する問題で、現状確実な改善方法がありません。以下の手順で改善することがあります。

・最新版のFlashPlayerにする
・Flashplayerを一度アンインストールし、再度入れなおす

万一改善しない場合は、半角英数字をご利用ください。

Google Chromeでマウスホイールによる資料の拡大縮小ができない
[ID:GC120827-01, UPDATE:201208]
Google Chrome に内蔵されている Flash Playerの問題と考えられています。以下に情報をまとめておりますので、ご覧ください。

【障害情報】Google Chrome でコンテンツを閲覧できない
http://product-blog.logosware.com/archives/11576

iPhoneなどiOS端末で絵文字を使ってチャットを入力すると、絵文字以降の文字が表示されない
[ID:GC131129-01, UPDATE:201311]
仕様です。例えば「こんにちは:) 質問いいですか?」のように入力すると、:)以降の文字は表示されません。絵文字は利用しないでください。

Flash Player 11.7をご利用のブラウザで動画を閲覧した場合、音声が聞こえない
[ID:GC130520-01, UPDATE:201305]
2013年5月現在「パソコンによってはFlash Player 11.7をご利用のブラウザで動画を閲覧した場合、音声が聞こえない」という問題が報告されています。ロゴスウェア製品ではなくAdobe Flash Player 11.7 に起因するものと考えられ、一般に報告されている現象です。

本現象は、Adobe Flash Player 11,7,700,202 で問題が解消されました(2013年5月末リリース)。最新のFlash Playerにバージョンアップしてご確認ください。

Flash Player 11.3/FireFoxで表示がおかしい、日本語が入力できない、FireFoxが落ちる
[ID:GC120702-01, UPDATE:201208]
「FireFox」と「Flash Player 11.3(6月にリリース)」を利用した際に問題が起きる可能性があることが報告されています。これは、ロゴスウェア製品だけでなくさまざまなアプリケーションで起きている問題です。お手数ですが、以下のご対応をお願いいたします。

▼方法1
Adobe社より問題を回避したFlash Player がリリースされるまで、FireFox以外のブラウザをご利用ください。

 2012年8月追記)
 ※ Adobe社より「Flash Player 保護モードのトラブルシューティング(Firefox | Windows)」が
   公開されました。本対応で問題が解消している可能性があります。
   http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cpsid_93769.html

 2012年9月追記)
 ※ Adobe社よりFlash Player11.4が公開されました。
   本対応で、問題が解消している可能性があります。

▼方法2
Flash Player をバージョンダウンしてご利用ください。以下のFireFoxヘルプをご参照ください。
https://support.mozilla.org/ja/kb/flash-113-crashes

参考1)
FireFoxで以下のサイトにアクセスすると、お使いのFlash Playerのバージョンを確認できます。
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

参考2)
Flash Player の最新版で発生しているいくつかの問題について(mozilla JAPAN)
http://mozilla.jp/blog/entry/9509/

録画したセミナーが、「コンテンツの初期化中です」という文言が表示されたまま次に進まない
[ID:GC120814-06, UPDATE:201403]
ブラウザを変えると閲覧できる場合があります。ブラウザを変えて再度アクセスしてみてください。

それでも改善されない場合、閲覧側のネットワーク設定により”YouTubeなどの動画コンテンツを閲覧させない“となっている可能性があります。アクセスする端末の管理者またはネットワーク管理者に、回避可能かご確認くださいますようお願い致します。

録画したセミナーを閲覧した際、レイアウトの変更時に資料の縦横比が崩れてしまう
[ID:GC120814-07, UPDATE:201404]
2014年3月15日に公開されたChrome ver33で閲覧した際、レイアウトの切替時に資料の縦横比が崩れてしまう事象を確認しています。(2014年3月26日時点)

Chromeを最新版にバージョンアップ頂くか、他のブラウザで録画セミナーを閲覧する様、ご案内ください。

もし、Chrome ver33での閲覧が必要な場合は、以下の回避策2点をお試しください。
1、Chrome同梱FlashPlayer 12.0.0.77を無効にしてください
 ※方法は「ホワイトペーパー」を参考にお試しください

2、設定>詳細設定にある「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」を無効にしてください

※レイアウトを切り替えた際、資料が縦に伸びて表示されてしまった例

音声が二重に聞こえてしまう
[ID:GC160212-01, UPDATE:201602]
視聴者画面を2重で開いている可能性があります。
以下の手順で確認してください。
1. 遅延解消ボタンを押してみてください
2. ブラウザの再読込を試してください
3. 開いているブラウザ全てを閉じてから再度アクセスしてみてください
4. 受講PCの再起動をお試しください

チャットで文字を入力したが反映されない
[ID:GC160222-01, UPDATE:201602]
以下の可能性がありますのでご確認ください。
▼要因1:禁止文字を入力している
もし、入力した文字が「*****」と表示されてしまった場合は運営側で入力禁止している文字を入力しています。

▼要因2:機種依存文字を入力している
携帯の顔文字といった機種依存文字を入力している場合、表示されません。

▼要因3:半角文字のバックスラッシュ (画像参照)を入力している
プログラム処理上、特殊な意味がある文字の為表示出来ないようにしております。別の文字をお使いください。

5-2.トラブルシューティング(モバイルアプリ)

アプリをダウンロードしようとした際、位置情報や通話情報へのアクセスを求められます。端末の情報を取られてしまうのでしょうか?
[ID:GC150423-01, UPDATE:20150423]
お客様の端末情報を取得することはございませんので、ご安心ください。
アプリを起動するにあたり、端末へのアクセス権が必要になる為に確認画面が表示されます。

5-3.トラブルシューティング(配信側)

【配信者用 回線テスト】
アクセス後、「You need a newer version of the flash player」と表示されてしまう
[ID:GC140520-1, UPDATE:201405]
お使いのブラウザにFlashPlayerが入っていない、もしくはインストールに成功していない可能性があります。以下からFlashPlayerの最新版をインストールしてください。
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

【配信者用 回線テスト】
通信速度を測定してみたが、「回線速度が不足しています。快適な配信が困難です。」と表示されてしまう
[ID:GC140520-2, UPDATE:201405]
接続する回線を変えてください。

無線LAN環境でテストした場合は、回線速度に波がありますので、一時的に配信出来ない速度と判定された可能性もあります。配信出来る可能性はありますが、有線LAN環境への接続を推奨します。

【配信者用 回線テスト】
配信者用 回線テストでは速度が問題無いと判定されたのに、ライブセミナーで度々配信が途切れる
[ID:GC140520-3, UPDATE:201405]
■ 無線LAN環境で配信されている場合
無線LANは回線速度が不安定になりやすいため、配信が不安定になる場合があります。有線LAN環境での配信を推奨します。

■ ネットワーク環境の制限
ご利用のネットワーク環境によっては、一定時間ストリーミング配信が続くと強制的に切断する処理を行っていることがあります(大学などのネットワークで多く報告されています)。他のネットワーク環境をご利用ください。

SWF、GIF、BMPファイルをロゴに設定したが、正しく表示されない
[ID:GC131129-05, UPDATE:201311]
ロゴやバナーとして画像を登録する際は必ずJPEGもしくはPNGデータをご利用ください。SWF、GIF、BMPデータは表示できない場合があります。

ドキュメントの変換に失敗します。
[ID:GC120711-04, UPDATE:201207]
以下のような文書は、文書が開く際にダイアログボックスが表示されます。
  ・パスワードが掛けられている文書
  ・マクロが使用されている文書
  ・起動時に印刷が実行される文書(PDFでの設定等)

ダイアログボックスが表示されますと、変換が中断し、5分程度の時間経過で自動的に変換失敗と判断します。ダイアログボックスが表示されないようにしてください。

変換済みのPowerPoint資料を講師画面で開こうとすると、「ドキュメントのロードを開始しました」のまま表示されません。
[ID:GC120131-02, UPDATE:201202]
以下の手順をお試しください。

▼再登録
1.再度、管理画面からPowerPointを登録する
2.講師画面で1.のドキュメントを選ぶ
3.講師画面をリロードする

▼(再登録でも改善しない場合)PowerPoint容量を減らす
PowerPointのサイズが大きい場合、ロードできないことがあります。「画像などを減らす」など、1ページあたりのサイズを小さくしてお試しください。

アップロードした資料の読み込みに失敗します
[ID:GC120810-10, UPDATE:201208]
2種類の要因が考えられます。
・ 回線が細い、または波がある場合
・ ファイルサイズが大きい場合

以下をお試しください。
・ 講師画面をリロードして読込みなおす
・ ブラウザのキャッシュをクリアして試す(キャッシュが破損している可能性がある為)

長期的な対策と致しましては、以下2点をご検討ください。
・ 回線の状況を改善する
・ 資料のファイルサイズを削減する(ファイルを分割するなど)

テキストファイル、JPEGファイルが変換中のままになります。
[ID:GC120711-05, UPDATE:201207]
テキストファイル、JPEGファイルの変換で、サーバーでエラーが発生する可能性があります。Wordファイル、PowerPointファイル、PDFファイルのいずれかに形式を変更し、再度ファイルをアップロードしてください。

アンケート項目を間違って登録してしまった。どうしたらいいですか?
[ID:GC131129-04]
管理画面より削除が可能です。

※ただし、「GigaCastプリペイド」では削除出来ません。新しく登録したアンケートをご利用ください。

LGE(LOGOSWARE GigaCastエンコーダー) で配信を停止しようとしましたが、長く待ち状態になり停止できません。
[ID:GC120131-01, UPDATE:201202]
配信パソコンが想定外の終了をした場合(ネットワークから切断、負荷でフリーズなど)、LGE(LOGOSWARE GigaCastエンコーダー)の「配信中(クリックすると停止します)」ボタンで終了できなくなることがあります。その場合、以下の方法をお試しください。

(1)PCを再起動する

(2)(1)でも解決しなければ、不正なセッション情報を削除する
▼Windows Vista、7の場合
1.LGEを終了する
2.「C:\ProgramData\Adobe\Flash Media Live Encoder 3.2\fmesessions.dat」を削除
※ 「ProgramData」フォルダが表示されない場合、
  「ツール>フォルダオプション>表示>隠しファイル...(略)を表示する」を選択すると表示されます。

▼WindowsXPの場合
1.スタートメニュー>検索>Cドライブを対象にして「fmesessions.dat」を検索
2.「fmesessions.dat」を削除

FMLE(Flash Media Live Encoder)で動画を配信しています。動画の一部がちらつきます。
[ID:GC120711-03, UPDATE:201207]
スペックの低いマシンでWindows Aero表示を利用すると、問題が起きることがあります(Windows Aero とは、Vistaから搭載された半透明の表示方法のことです)。Aero表示をオフにし、LGE(LOGOSWARE GigaCastエンコーダー)をご利用ください。

Google Chromeを使っています。講師画面で、配信開始ボタンからPLEを起動しての配信が出来ない、
マウスホイールで資料の拡大縮小が出来ない(ボタンからの操作は可能)、といった問題が起きます。
[ID:GC120827-02, UPDATE:201208]
Google Chrome に内蔵されている Flash Playerの問題と考えられています。以下に情報をまとめておりますので、ご覧ください。

【障害情報】Google Chrome でコンテンツを閲覧できない
http://product-blog.logosware.com/archives/11576

Google Chromeを使っています。日本語を入力できません。
[ID:GC120703-01, UPDATE:201207]
「Google Chrome」に搭載されている「Flash Player」を利用した際に問題が起きる可能性があることが報告されています。これは、ロゴスウェア製品だけでなくさまざまなアプリケーションで起きている問題です。お手数ですが、以下のご対応をお願いいたします。

▼対応1(一時的な方法)
メモ帳などに日本語を書き、コピーし、ペーストしてください。

▼対応2(Google Chromeの設定変更)
1.Adobe社よりFlashPlayerをダウンロードしてインストールします。
  http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2.Google ChromeのURL入力欄に「chrome://plugins/」と入力します。
  プラグイン設定ページを表示します。

3.画面右上の「+詳細」を押し、詳細を表示します。

4.「Flash」の項目に、複数のFlashが表示されていることを確認します。このうちの、
  「場所」のパスに「Chrome」というフォルダが含まれるFlashをすべて無効にします。

5.Google Chromeをすべて閉じ、再度、起動します。
  その後、日本語が入力できるかどうか確認します。

※ Google Chrome のアップデートにより、自動的に「有効にする」に戻ることがあります。
  その場合、再設定をお願いします。

※ 上記は一例です。そのほかにも、各種取り組みが行われていますので、ご参照ください。
  「chrome 日本語入力できない」の検索結果

▼対応3(対応1、2がうまくいかない場合)
一時的にほかのブラウザをご利用ください。

Google ChromeでWindows Aero表示にすると、Flashプラグインがクラッシュします。
[ID:GC120711-01, UPDATE:201207]
スペックの低いマシンでWindows Aero表示を利用すると、問題が起きることがあります(Windows Aero とは、Vistaから搭載された半透明の表示方法のことです)。Aero表示をオフにしてお試しください。

Flash Player 11.3/FireFoxを利用しています。正しく動作しません(表示がおかしい、日本語が入力できない、FireFoxが落ちる)
[ID:GC120702-02, UPDATE:201207]
「FireFox」と「Flash Player 11.3(6月にリリース)」を利用した際に問題が起きる可能性があることが報告されています。これは、ロゴスウェア製品だけでなくさまざまなアプリケーションで起きている問題です。お手数ですが、以下のご対応をお願いいたします。

▼方法1
Adobe社より問題を回避したFlash Player がリリースされるまで、FireFox以外のブラウザをご利用ください。

▼方法2
Flash Player をバージョンダウンしてご利用ください。以下のFireFoxヘルプをご参照ください。
https://support.mozilla.org/ja/kb/flash-113-crashes

参考1)
FireFoxで以下のサイトにアクセスすると、お使いのFlash Playerのバージョンを確認できます。
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

参考2)
Flash Player の最新版で発生しているいくつかの問題について(mozilla JAPAN)
http://mozilla.jp/blog/entry/9509/

作成したアンケートが実施出来ない
[ID:GC150423-02, UPDATE:201504]
リハーサル等で一度実施したアンケートを再度実施することは出来ません。
同じ内容のアンケートを再度実施したい時は、「選択したものを複製」で改めて作成して実施してください。

資料の左右が切れてしまう
[ID:GC160204-01, UPDATE:201602]
16:9の比率で作成した資料をアップしていることが要因です。4:3の比率で資料は作成してGigaCastではアップしてください。

5-4.トラブルシューティング(プリペイド)

リハーサル中に「開催中」にしてしまった。実際に配信され1200pt使われてしまったのでしょうか?
[ID:GC130711-01, UPDATE:201307]
リハーサル中は、開催ステータスを何度切り替えてもポイントは消費されませんのでご安心ください。

※ただし、録画を行うセミナーの際は開催ステータスを「開催中」にした時点からが録画されますので、リハーサル時に開催ステータスは変更しないようご注意ください。

セミナー終了時刻以降に開催ステータスを【終了】にした段階でポイントが清算されます。開催されなかった場合や、セミナー終了時刻前に【終了】ステータスにした場合は、セミナー終了時刻ちょうどに清算されます。

ドキュメントを登録したが、「待機中」、もしくは「変換中」のまま変換されない
[ID:GC131002-04, UPDATE:201310]
登録するファイル名を半角英数字にして再度お試しください。(日本語全角文字が入ったファイル名の際、文字化けが起こり変換されない可能性がある不具合を確認しております。)

個別アンケートの集計が抽出できない
[ID:GC131002-05, UPDATE:201310]
現状のGigaCastプリペイドではお客様ご自身で個別アンケートの抽出は出来ません。個別アンケートログcsvの抽出が必要な際はロゴスウェアまでお問い合わせください。

アンケート項目を間違って登録してしまった。どうしたらいいですか?
[ID:GC131129-02, UPDATE:201311]
新しくアンケートを登録し、そちらをご利用ください。現状のGigaCastプリペイドでは一度作成頂いたアンケートを削除することは出来ません。

受講者を二重に登録してしまった。どうしたらいいですか?
[ID:GC131129-03, UPDATE:201311]
受講者へのメール通知機能は、送りたい参加者をチェックボックスで選択する仕様になっておりますので、送りたい参加者を選択してメール配信を行って頂く様お願いします。(一度登録した情報を削除することはできません)

LGE(LOGOSWARE GigaCastエンコーダー)が使用出来ない
※配信しようとすると『GigaCast Encoderがインストールされていません。』とエラーが表示されてしまう
[ID:GC131002-06, UPDATE:201702]
ChromeブラウザではLGEを使用することが出来ませんので他のブラウザでの配信をお試しください。
※ブラウザ配信の場合は、Chromeブラウザでも問題ありません。

6.回線テストについて

アクセス後、「You need a newer version of the flash player」と表示されてしまう
[ID:GC131002-01, UPDATE:201310]
お使いのブラウザにFlashPlayerが入っていない、もしくはインストールに成功していない可能性があります。以下からFlashPlayerの最新版をインストールしてください。
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

通信速度を測定してみたが、「必要な帯域が不足しているため、視聴出来ません」と表示されてしまう
[ID:GC131002-02, UPDATE:201310]
接続する回線を変えてください。

無線LAN環境でテストした場合は、回線速度に波がありますので、一時的に視聴出来ない速度と判定された可能性もあります。視聴出来る可能性はありますが、有線LAN環境での視聴を推奨します。

回線テストでは速度が問題無いと判定されたのに、ライブセミナーで度々視聴出来なくなる
[ID:GC131002-03, UPDATE:201310]
■ 無線LAN環境で視聴されている場合
無線LANは回線速度が不安定になりやすいため、視聴が難しい場合があります。有線LAN環境での視聴を推奨します。

■ ネットワーク環境の制限
ご利用のネットワーク環境によっては、一定時間ストリーミング視聴が続くと強制的に切断する処理を行っていることがあります(大学などのネットワークで多く報告されています)。他のネットワーク環境をご利用ください。

『トンネリング通信:あり』と結果が出ました。どのような状態になっているということでしょうか?
[ID:GC171003-01, UPDATE:201710]
映像音声通信で最適な1935ポート/rtmpプロトコルが、ネットワーク設定により制御されている状態です。

一般的に映像通信の行為は、通常のWebサイトアクセスとは異なる1935ポート/rtmpプロトコルを用いて
行われるケースが多いのですが、稀にセキュリティポリシーや運用ポリシー(社内のNW負荷を抑えたい等)
の理由により1935ポート/rtmpプロトコルを塞いでいることがございます。

塞がれている場合、通常のWebサイトアクセスで使われている通路(HTTP)で映像を流せる形に
加工して(トンネリング通信)送るように処理します。これをHTTPトンネリングといいます。

上記のトンネリング通信で行う『映像を流せる形に加工』という処理は、イメージで言いますと
線の状態で作られる映像データを『点の状態に細かく切って』配信する処理になります。

その為、HTTPトンネリング通信で映像を見る/配信する状態ですと
・他の通信の影響を受けやすい(通常のWebアクセスで使われる通路の為、オフィス内で回線が混雑すると、影響を受けてしまいます)
・映像/音声の途切れに繋がることがある(細かく切られたデータを送る為)
といった状況になりやすい為、1935ポート/rtmpプロトコルの開放をネットワーク担当者様と調整頂きます様お願いします。

カテゴリー一覧に戻る