お客さまサポートサイト > 重要なお知らせ > 修正しました【重要】LOGOSWARE Platon 不具合発生のお知らせ

修正しました【重要】LOGOSWARE Platon 不具合発生のお知らせ

2015年8月14日リリースのver1.8.1.1で修正いたしました。
大変ご迷惑をおかけいたしました。
==============================

お客様各位

学習管理システムLOGOSWARE Platonをご利用頂き誠にありがとうございます。
LOGOSWARE Platonにつきまして不具合が発見されましたのでご報告致します。

【1】は、最新版のver1.8.1で解消済みです。
【2】は、パッチを作成中です(8/10週リリース予定)。
【3】~【8】は、次期ver1.8.1.1で解消予定です(8/10週リリース予定)。

——————–
【1】データの不整合によるSQLエラー(ver1.8.0〜1.8.0.2)
——————–
対象:ver1.8.0〜1.8.0.2

現象:
部署データに対して所属コードや名称を使いまわすような変更を行う事により
内部でエラーが発生し、CSVで受講者登録ができないことがある。

回避策:
最新版のver1.8.1にて解消されています。

——————–
【2】教材アップロードでエラーが発生する(ver1.8.1)
——————–
対象:ver1.7.2以前からver1.8.1にバージョンアップした環境

現象:
ver1.8.1へアップデートファイルを用いてバージョンアップを行った際に
教材アップロードが出来なくなってしまう。

回避策:
これからバージョンアップする環境)
一旦1.8.0へバージョンアップし、その後1.8.1にバージョンアップする。

すでにバージョンアップし、現象が発生している環境)
ver1.8.1を正常化するパッチを作成中です(8月10日週リリース予定)。

——————–
【3】解除した割り当てが復活してしまう(ver1.8.0~ver1.8.1)
——————–
対象:ver1.8.0~ver1.8.1

現象:
コース運用で受講者にコースを割り当て、その割り当てを解除しても、
翌日になると割り当てが復活している(「受講者別」で割り当てた場合のみ)。

回避策:
暫定対応)
「受講者別」以外で割り当てる(組織別割り当て、コミュニティ割り当て)。

根本対応)
次期バージョンver1.8.1.1で解消します(8月10日週リリース予定)。

——————–
【4】アカウント登録の通知メールが送信されない(ver1.5.2~ver1.8.1)
——————–
対象:ver1.5.2~ver1.8.1

現象:
CSVでアカウントを新規一括登録した場合、アカウント登録の
通知メールが届かない(受講者一覧から手動で新規登録すると届く)

回避策:
暫定回避策)
・ CSVではなく手動で新規登録する
・ CSVでアカウント登録後、外部メールソフトを用いて通知メールを送信する

根本対応)
次期バージョンver1.8.1.1で解消します(8月10日週リリース予定)。

——————–
【5】受講者番号が重複していても受講者登録できてしまう(ver1.8.0以降)
——————–
対象:ver1.8.0以降

現象:
CSVでアカウントを登録する際、受講者番号が重複していても登録されてしまう。
(結果、重複したアカウントの有効無効を変更しようとしてもエラーが発生)

回避策:
暫定対応)
片方のアカウントを削除する、または受講者番号を変更する。

根本対応)
次期バージョンver1.8.1.1で解消します(8月10日週リリース予定)。

——————–
【6】テストの進捗に分母が表示されない(ver1.8.1)
——————–
対象:ver1.8.1

現象:
学習画面でテストを完了しても、「進捗率・得点率」に最高点(分母)が表示されない。
(通常「90/100」のように表示されるものが、「90」のように表示される)

回避策:
次期バージョンver1.8.1.1で解消します(8月10日週リリース予定)。

——————–
【7】HTTPS+YouTube教材で「安全ではないスクリプト」表示(ver1.7.2以降)
——————–
対象:ver1.7.2以降

現象:
https環境のPlatonで、YouTubeのURLを「外部URL登録」している場合、
PCでアクセスすると教材ウィンドウで動画の再生が始まらず、
「安全ではないスクリプトの実行をブロックした」旨の表示が出る。

回避策:
暫定対応)
モバイルでの受講をご案内下さい。

根本対応)
次期バージョンver1.8.1.1で解消します(8月10日週リリース予定)。

——————–
【8】セッションタイムアウト時間を超えてから、テストを受講すると
受講結果送信のリトライが行われない(ver1.8.1)
——————–
対象:ver1.8.1

現象:
テストの受講中にセッションタイムアウト時間(通常60分)を超えると、
結果送信に失敗するが、リトライ処理が行われない。

回避策:
暫定対応)
1時間以内にテストの受講を完了するよう、ご案内下さい。

根本対応)
次期バージョンver1.8.1.1で解消します(8月10日週リリース予定)。

 

不具合に関する事で何かご不明な点がございましたら
support@logosware.comまでお問い合わせ下さい。

以上、この度は大変ご迷惑お掛けしました事、深くお詫び申し上げます。

2015/8/7 | Author: 高濱 | Category: 重要なお知らせ | Tag: