お客さまサポートサイト > メルマガ > 【新製品メルマガ:5月号】テストの得点別結果表示を実装~得点に応じた教材に分岐もできます

【新製品メルマガ:5月号】テストの得点別結果表示を実装~得点に応じた教材に分岐もできます


ロゴスウェア新製品ニュース

テストの得点別結果表示を実装~得点に応じた教材に分岐もできます

「学習」から「テスト」へのシームレスな連携ができるようになった「STORM Maker」と「THiNQ Maker」がさらにパワーアップ! まもなくリリースされる新バージョンで追加される機能をご紹介いたします。

テストの「得点別」に結果を表示し、最適な学習内容へ誘導

テスト結果を「合格」「不合格」で判定することはもちろん、得点によるレベル判定など、さらに細かく結果を表示させることができます。たとえば得点に応じたランクを判定し、結果に準じたアクションへ繋げることもできます。
テストの得点で表示を変えて次のアクションを複数分岐
得点による結果表示別のサンプルを見る
テスト得点が25点:初級編を受講する
テスト得点が50点:中級編を受講する
テスト得点が75点:上級編を受講する
テスト得点が100点:最上級編を受講する


パスワードやスコアのユーザー情報は1回だけでOK!

教材コンテンツ「パスワード」を設定している場合や、スコア機能に対応した「ユーザー情報」を入力する際、受講者は起動時の1回だけ入力すれば、連結するコンテンツに情報が引き渡されます。学習コンテンツからテスト、またテストから学習コンテンツのよりスムーズな連結を実現します。
パスワード・スコア情報は1回だけでOK!
※上記の機能は2015年6月上旬に出荷予定のSTORM Makerバージョン1.12.2、
 2015年5月下旬に出荷予定のTHiNQ Makerバージョン1.11.0よりサポートされます。

本日、5/25(月)15:00~ 「動く」製品デモを無料Web放送でご紹介します!

LOGOSWAREチャンネル 新製品ニュース 15時から生放送

Webセミナー開催のおしらせ

「反転学習って何?学びを活かし、成果に繋げる社員教育」

社員教育は仕事に活かせなければ意味がない!…でも、どうやって?
カギとなる「反転学習」の特性や実践方法を、実例とともにご紹介します。


内容:「反転学習って何?学びを活かし、成果に繋げる社員教育」
日時:2015年6月12日(金)13:00~14:00
参加:無料
出演:コンサルソーシング株式会社 代表取締役 松井順一様
   ロゴスウェア株式会社 セールス&マーケティンググループ 青木真実
視聴方法:特設ページの【視聴する】ボタンをクリックしてください。

6/1(月)より以下のサイトに特設ページへのバナーを表示します。
http://www.logosware.com/


suite
~eラーニングコンテンツ作成ソフトパッケージ~

▼お客様の声 ~大学情報センター株式会社様~

受験生向け充実WEBコンテンツを提供

『FLIPPER Uは、初心者にも分かり易い優れた操作性を備え、また、利用者にとって
便利な機能が豊富に用意されており、利便性が高いと判断しました』」~お客様の声より~

大学情報センター株式会社様の事例を見る

大学情報センター株式会社

platon
~eラーニングシステム・学習管理システム~

▼導入事例 ~株式会社ポケラボ様~

クラウド型LMSで素早く社員教育を展開

ポケラボ様では、クラウド型eラーニング「Platonお手軽スタートパック」と教材作成ソフトパッケージ
「e-Learning SUITE」を導入し、情報セキュリティ教育や入社時研修など社内向け研修に幅広く活用されています。

株式会社ポケラボ様の事例を見る

株式会社ポケラボ

2015/5/25 | Author: 松本裕樹 | Category: メルマガ