お客さまサポートサイト > 重要なお知らせ > Adobe社 Flash Player 11.8.800.168 の影響と回避策【9/24更新】

Adobe社 Flash Player 11.8.800.168 の影響と回避策【9/24更新】

■更新履歴
2013年9月18日 新規報告
2013年9月24日 THiNQの現象を追加


Adobe 社 Flash Player 11.8.800.168 に伴う、想定外の現象が報告されています。これは、ロゴスウェア製品だけでなくさまざまなアプリケーションで起きている問題です。お手数ですが、以下のご対応をお願いいたします。


現象

  • STORM
    • 編集画面:プレビューが真っ黒で再生されない(Internet Explorer7、8 ご利用時)
    • 編集画面:ビューが真っ黒で再生されない(Internet Explorer7、8 ご利用時)
    • 閲覧画面:スコア対応コンテンツを再生できない
  • THiNQ Maker
    • 閲覧画面:一時保存コンテンツで、再開時「前回の続きから再開しますか?」と聞かれず最初からスタートする
  • Libra SQUARE
    • 管理画面:Internet Explorer利用時、コメント機能が文字化けする(Internet Explorerご利用時)
  • POWERLIVE GigaCast
    • 管理画面、講師画面、参加者画面:Internet Explorer利用時にヘッダーが文字化けする(Internet Explorerご利用時)

回避策
Adobe社よりリリースされた「11.8.800.174」にて、問題の現象が回避されています。
最新のFlash Playerにバージョンアップして下さい。

  1. 問題が起きているブラウザで、以下のAdobeサイトにアクセス
    http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
  2. 指示に従って、11.8.800.174 以降をインストール
  3. 念のため一度、すべてのInternet Explorerを閉じる
  4. Internet Explorerを起動し、以下のサイトにアクセス。本当に「11.8.800.174」以降が適用されたかチェックする。
    http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/
  5. 正しく動作するか確認する

2013/9/18 | Author: 高濱 | Category: 重要なお知らせ