STORM Vリリース:iPadOSに対応しました(2019/10/24発行)

今週のニュース 2019/10/24

  1. STORM Vリリース:iPadOSに対応しました
  2. STORM次世代バージョン間もなくリリース(10月)
  3. 最新iPadOS動作検証結果ご報告
TOPICS

STORM Vリリース:iPadOSに対応しました

LOGOSWARE STORM V2.3.4を今月10/7にリリースしました。
iPadOSがインストールされた端末でのSafari利用時の不具合を修正しています。
お手数ですが、製品のバージョンアップをお願いいたします。
今回の不具合修正の内容は、以下です。

  • iPadOSがインストールされている端末のSafariで、デフォルト設定ではSTORMコンテンツが再生開始できない事象を改善しました。
  • iPadOSがインストールされた端末のSafariにおいて、LMS教材用書き出しを行ったコンテンツの再生が行えない不具合を修正しました。
 

詳細につきましては、下記よりご確認ください。
※STORM Vご利用のお客様には、すでに別途メールでバージョンアップ方法をご案内済みです。

詳細はこちら
  

今後のバージョンアップ予定

STORM3.0.0/2019年10月

  • 非Flash化に対応します。
  • ユーザーインターフェースを刷新します。
  • 音声合成がパワーアップ。多言語化します。
  • パワーポイントのアニメーションを完全再現できます。

STORM補助ツール デスクトップ録画2.1.0/2019年12月

  • テロップとポインタの挿入機能を追加します。
  • 不要部分の削除を可能にします。

Spotty2.5.0/2019年12月 NEW

  • Libra上に掲載されたコンテンツが配信できるようになります
  • 配信期間が終わっても、Libraで閲覧できるようになります。
  • 複数のコンテンツを配信できるようになります。
  • 配信開始日時が設定できるようになります。

THiNQ2.1.0/2020年1月 NEW

  • ユーザーインターフェースの見直しを行います。
  • テストモードを追加し、eラーニング用のテスト作成を簡易にします。
  • Macでも利用できるようになります。

STORM3.1.0/2020年1月 NEW

  • 現在のSTORM Vの機能を完全実装します。
  • 動画コンテンツの作成と、動画書き出しに対応します。
  • 書き出したコンテンツをオンラインストレージにアップロードできます。

Platon1.10.0/2020年1月

  • 「特別研修機能」を追加します。Platonと切り分けて限定的な研修を実施できます。
  • 複数の受講者を1つのメールアドレスで登録可能になります。
  • 受験者対応言語にベトナム語を追加します。

FLIPPER5.0.0/2020年2月

  • eラーニング用のFLIPPERとして開発されます。
  • eラーニングに最適なコンテンツが作成できるようになります。

GigaCast(専用クラウド)2.2.0/2020年2月 NEW

  • 非Flash化対応が完了します。配信時のFlashPlayerが不要になります。
  • 講師画面、管理画面がアプリ化します。配信側ブラウザの制約がなくなります。
  • GigaCastエンコーダーが不要になります。該当機能は講師画面に追加されます。
 次世代製品を含むその他バージョンアップ情報、及び、非Flash化対応スケジュールについては下記よりご確認ください。随時更新中です。
詳細はこちら

重要なお知らせ

最新iPadOS動作検証結果ご報告

  • iPadOS13.1での動作に、FLIPPER U、Platonにおいて閲覧に支障が発見されました。(回避策あり)

最新iOS動作検証結果ご報告

  • iOS13.1での動作に重要な問題がないことを確認しました。

GigaCast(共有クラウド/専用クラウド)ブラウザ・OS検証結果

  • Firefox64アップデートにつき、検証を実施しました。
  • 重大な問題がないことを確認しました。
詳細はこちら