お客さまサポートサイト > メルマガ > 【ロゴスウェア ニュース】「GigaCast Cloud」ライブセミナー配信後も録画データ有効活用

【ロゴスウェア ニュース】「GigaCast Cloud」ライブセミナー配信後も録画データ有効活用

ロゴスウェア新製品ニュース

「GigaCast Cloud」ライブセミナー配信後も録画データ有効活用

高品質・高機能なライブセミナーを、従来にない低価格でインターネット配信できる「GigaCast Cloud」。会社説明、商品説明、遠隔レッスンなどのさまざまな分野で利用が広がり、ライブ配信終了後も、その録画データをもっと有効活用したいとの要望が寄せられるようになりました。11月22日にリリースした新バージョン(v.1.4.11)では録画機能をさらに強化し、メール招待型など3タイプの録画配信方法を提供し、録画閲覧状況も分析できる機能を備えました。

————————————
3種類から選べる配信方式
————————————

録画配信方法は①特定の方だけが閲覧できるメール招待型②閲覧者情報を取得できるオープン配信型③閲覧者情報を取得しないオープン配信型の3種類。

①メール招待型配信

録画セミナーを特定の人だけに公開できます。録画セミナーを公開したい人ごとに個別の閲覧用URLが発行され、案内メールが送信されます。案内メールの受信者ごとに、録画セミナーの閲覧の有無を確認できます。

 

 

②オープン配信 (閲覧者の情報を取得する)

録画セミナーをオープンに公開し、閲覧時に閲覧者の情報を取得することができます。閲覧者は、録画セミナーにアクセスすると、閲覧に先立ち、入力フォームへの記入(名前、会社名など)が求められます。

 

 

③オープン配信 (閲覧者の情報を取得しない)

録画セミナーをオープンに公開し、閲覧者の情報も要求しません。録画セミナーのURLを知っている人すべてが自由に閲覧できます。

 

 

 

———————-
閲覧ログの分析
———————-

録画の閲覧状況を分析できる機能では、閲覧者数の時間的推移や離脱箇所などが把握できます。

・閲覧者数

一定時間間隔ごとの閲覧者数が把握できます。「①メール招待型配信」で配信した場合は、一人ひとりの閲覧の有無がわかります。

・資料請求率

配信時に資料請求機能を付加することができ、その資料請求率を把握できます。「①メール招待型配信」で配信した場合は、一人ひとりの資料請求状況がわかります。

・離脱箇所

一定時間間隔ごとに離脱した人数を把握できます。「①メール招待型配信」で配信した場合は、録画のどの部分で閲覧を終えたか一人ひとりの離脱箇所がわかります。

・閲覧者情報

「②オープン配信 (閲覧者の情報を取得する)」で配信した場合は、名前、会社名、メールアドレスなど閲覧者情報を取得できます。

LOGOSWARE GigaCast 製品詳細を見る

GigaCastを利用したウェブセミナー「オンライン講習会」を定期的に開催しています(参加無料、事前登録不要)。放送時間をご確認の上、お気軽にご参加ください。視聴者体験ができます。

回線テストを実行し、皆さまの環境でLOGOSWARE GigaCastが使えるかどうかを簡易的に調べることができます。

回線テストに問題がなければ、次は実環境での無料体験(配信テスト)を実施してください。
上記リンクからお申し込みください。

初回のお客さまに限り、プリペイド版1,800ポイントを特別価格3,000円(税別)で提供しています。
上記リンクからお申し込みください。

関連ブログ記事

お客さまの声・導入事例紹介

platon
~eラーニングシステム・学習管理システム~

導入事例 ~千葉大学アカデミック・リンク・センター様~

操作簡便LMS、セキュアな動画共有も可能に

Platon導入により、動画の視聴管理が可能になりました。セキュリティの面でも、認証方式のため、動画サイトの限定公開に比して安心感があります。基本的な機能の操作性は簡便で、サポート体制にも満足しています。
~お客様の声より

千葉大学アカデミック・リンク・センターPlaton操作簡便LMS
千葉大学アカデミック・リンク・センター様の事例を見る

storm
~プレゼン型コンテンツ作成ソフト~

導入事例 ~アイベックスエアラインズ株式会社様~

社員教育(訓練)用コンテンツ作成

受講者からは「自分の空いた時間でできる」「理解できなかった所を巻き戻して確認できる」「集合教育前にあらかじめ学習できたのが良かった」と好評です。
~お客様の声より

アイベックスエアラインズstormLMS
アイベックスエアラインズ株式会社様の事例を見る

 

年末年始休業期間のおしらせ

誠に勝手ながら下記の期間、年末年始休業とさせていただきたくご案内いたします。
皆さまにはご不便をお掛けいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2017年12月30日(土)~2018年1月3日(水)

【年末年始サポート休業期間】
2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月・祝)

※ 12月29日、および1月4、5日の緊急トラブルについては可能な範囲で対応いたしますので、
メール、お電話、または下記フォームにてお問い合わせください。
Eメール:support@logosware.com
電話:03(5818)8011
製品に関するサポート・トラブルお問い合わせ


【製品出荷日】
・年内最終出荷日:2017年 12月25日(月)(12月22日(金) 15時までのご注文の場合のみ)
・年始出荷開始日:2018年 1月9日(火)

12月22日(金) 15時以降のご注文は年始出荷開始日とさせていただきますが、特別なご事情がある場合にはご相談ください。
休業期間中もご注文・お問い合わせを受付けておりますが、年始出荷開始日より順次対応させていただきます。

【制作サービス休業期間】
2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月・祝)
・年内最終注文受付:2017年 12月27日(水)
・年始注文受付開始:2018年 1月9日(火)

休業期間中もご注文・お問い合わせを受付けておりますが、年始注文受付日より順次対応させていただきます。

2017/12/6 | Author: 松本裕樹 | Category: メルマガ