お客さまサポートサイト > メルマガ > 【ロゴスウェア ニュース】Flash Playerのブロック時のブラウザ別対処方法

【ロゴスウェア ニュース】Flash Playerのブロック時のブラウザ別対処方法

ロゴスウェア新製品ニュース

[ブラウザ別]Flash Playerがブロックされた場合の対処方法

近年、各ブラウザでのFlash コンテンツの再生が制限される傾向にあります。
制限状況はブラウザごとに違うため、ここではブラウザ別にFlashの許可方法をご案内いたします。

 

Flash Playerがブロックされた場合の対処方法(IE、Edge、Chrome、FireFox、Safari)

Flashコンテンツ制限状況(2017年7月10日更新)
ブラウザ名 標準での制限状況
Internet Explorer 再生可能
ただし、無効になっている場合、有効にする必要あり
Edge ブロックされる(許可が必要)
Chrome ブロックされる(許可が必要)
FireFox 再生可能
ただし、無効になっている場合、有効にする必要あり
Safari ブロックされる(許可が必要)

[ブラウザ別]ブロック解除方法、およびFlash Player有効化

Internet Explorer

Ver11.0.43(2017/6/22時点)で、Flashはブロックされません。
Adobe Flash プラグインが無効になっている場合は、以下のとおり有効にしてください。
https://learning.logosware.com/archives/9749#ie

Edge

Flash Player のダウンロード(または許可)に関する記述をクリックします。
https://learning.logosware.com/archives/9749#edge

Chrome

サイトごとに/すべてのサイトでFlashPlayerを許可する場合、以下のとおり設定してください。
https://learning.logosware.com/archives/9749#chrome

FireFox

Ver54.0(2017/6/22時点)で、Flashはブロックされません。
Adobe Flash プラグインが無効になっている場合は、以下の要領で有効にしてください。
https://learning.logosware.com/archives/9749#firefox

Safari

サイトごとに/すべてのサイトでFlashPlayerを許可する場合、以下のとおり設定してください。
https://learning.logosware.com/archives/9749#safari

Flash Playerがブロックされた場合の対処方法の情報はこちらで随時更新しています。
https://learning.logosware.com/archives/9749

 

動作検証済Android端末リストの更新(2017年6月26日)

ロゴスウェアでは、より品質の高い製品・サービスを提供するために定期的に最新Android端末の動作検証を行っております。6月末に検証済Android端末のリストを更新しましたのでお知らせいたします。

各製品の検証済Android端末リスト

サーバー製品

GigaCast:
https://powerlive.logosware.com/wp-content/uploads/gigacast/requirement_image/17-GC030617.pdf
Libra V:
https://libra.logosware.com/wp-content/uploads/17-LI030623.pdf
Platon:
https://platon.logosware.com/wp-content/uploads/17-PT030622.pdf

Maker製品

FLIPPER U:
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/17-FL030621.pdf
STORM Maker:
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/17-ST030618.pdf
STORM V:
http://suite.logosware.com/wp-content/uploads/17-ST030619.pdf
THiQN Maker:
https://suite.logosware.com/wp-content/uploads/17-TH030620.pdf

※リストにない端末が動作しないわけではありません。
※リストの更新に伴い、推奨動作環境が変更されるわけではありません。

ご参考(推奨動作環境とは?)
推奨動作環境とはロゴスウェア社製品を利用するために推奨する環境です。
本環境でスムーズに動作するように、開発や検証を行います。
推奨動作環境でなかった場合でも、必ずしも利用できないわけではありません。
ただし、推奨動作環境でないことが原因の動作不良の場合、推奨動作環境のご利用をお願いいたします。

お客さまの声・導入事例紹介

thinq
~クイズ・テスト作成ソフト~

導入事例 ~北海道奥尻町立奥尻中学校様~

ICT活用教育促進事業でeラーニング活用

奥尻中学校では、北海道教育委員会のICT活用教育促進事業の指定を受け、タブレットを用いたICT活用教育の研究を行っています。その取り組みの一つとして、eラーニング技術を使った単元テストやレディネステスト、反転学習等にTHiNQ Makerを活用し、効果的な学習に取り組んでいます。~導入事例より

北海道奥尻町立奥尻中学校ICTeラーニング
北海道奥尻町立奥尻中学校様の事例を見る

導入事例 ~株式会社TIJ東京日本語研修所様~

留学生の日本語「学習成果」をTHiNQ で測定

海外からの留学生や企業担当者に対して日本語教育を提供するTIJ東京日本語研修所様では、THiNQ Makerで作成した自習用テスト教材を留学生に提供し、段階的に学習成果を測定しています。不合格の際には再度履修して再受験が可能です。~導入事例より

TIJ東京日本語研修所
株式会社TIJ東京日本語研修所様の事例を見る

2017/7/11 | Author: 松本裕樹 | Category: メルマガ