お客さまサポートサイト > 動作検証・不具合状況報告 > Windows10の4月11日アップデートの影響について(Edge閲覧障害有)

Windows10の4月11日アップデートの影響について(Edge閲覧障害有)

平素よりロゴスウェア製品をご利用いただき誠にありがとうございます。

2017年4月11日リリースが予定されているWindows10の大型アップデート(Creators Update)についての検証結果について、本ページにて報告いたします。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡くださいますようお願いいたします。

現在のステータス

※2017年8月10日現在(更新履歴はページ下部をご覧ください)

<バージョン>

OSバージョン:1703
Edge:40.15063.0.0

事前検証の結果、以下の問題が報告されています。
確認結果は、それぞれ最新の状態での確認結果となります。

製品名 検証結果 詳細/回避策
FLIPPER U
  • FLIPPER U 起動時にアラートが表示される
    (回避策:FLIPPER Uの再インストール)
  • Edgeでの一部プレビュー(Maker側)ができない
    (回避策:既定のブラウザをEdge以外に変更する)
  • Edgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを表示できない(7/31追記)
FLIPPER Uの
詳細と回避策≫
STORM Maker
  • STORM Edgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを表示できない(8/10追記)
STORM Makerの
詳細と回避策≫
STORM V 問題なし
THiNQ Maker
  • Edgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを表示できない
  • Edgeで一部プレビュー(Maker側)ができない
    (回避策:既定のブラウザをEdge以外に変更する)
THiNQ Makerの
詳細と回避策≫
Platon
  • EdgeでFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、FlashPlayerのダウンロードを促す画面になる
  • 管理者がレポート作成ツールを起動すると、「WindowsによってPCが保護されました」と表示される(4/11追記)
Platonの
詳細と回避策≫
Libra(旧バージョン)
  • EdgeでFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、FlashPlayerのダウンロードを促す画面になる
Libra(旧バージョン)の
詳細と回避策≫
Libra V
  • EdgeでFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、FlashPlayerのダウンロードを促す画面になる
  • 管理者がPDF2FLIPPERを起動すると、「WindowsによってPCが保護されました」が表示される(4/11追記)
Libra Vの
詳細と回避策≫
GigaCast
  • Edgeで、管理画面、講師画面、参加者画面を表示できない(7/31追記)
GigaCastの
詳細と回避策≫
スコア
  • EdgeでFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、FlashPlayerのダウンロードを促す画面になる
スコアの
詳細と回避策≫
オンラインストレージ
  • EdgeでFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、FlashPlayerのダウンロードを促す画面になる
オンラインストレージの
詳細と回避策≫
オフライン閲覧キット
  • Edgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを表示できない
    (回避策:既定のブラウザをEdge以外に変更する)
オフライン閲覧キットの
詳細と回避策≫
STORM 動画キャプチャツール 問題なし
マニフェストエディタ 問題なし

不具合の詳細と回避策

FLIPPER U

不具合内容 回避策
Edgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを閲覧すると、FlashPlayerがインストールされて有効になっていても、閲覧できません。

不具合対象コンテンツ
「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツは、以下の場合に作成されます。
・ バリュー版をご契約の場合
・ FLIPPER U 4.2.4 までで作成したコンテンツの場合

不具合が起きないコンテンツ
「HTML5のみ」「Flash+HTML5」コンテンツは、HTML5コンテンツが表示され、閲覧に問題ありません。

flipper

以下のいずれかの対応をご検討ください。

対応1:
FLIPPER U 4.4.2以降にバージョンアップし、
コンテンツを書き出ししてください。

バリュー版の方)
画面上に「Flash Playerが無効またはバージョンが古いため閲覧できません。こちらから、Flash Playerの実行許可または最新バージョンのダウンロードをしてください。」のように表示され、リンクをクリックすることでFlashコンテンツを実行できるようになります。

それ以外の方)
HTML5版のコンテンツに自動遷移するようになります。

 

対応2:
上記対応が難しい場合、閲覧者側でEdge以外のブラウザをご利用ください。

※InternetExplorerでは上記事象は発生しないことを確認済みです。

コンテンツ制作者がFLIPPER U を起動した時に「このアプリは正しく動作していません」とアラートが出ます。

flipper-app

FLIPPER Uを再インストールしてください。

※再インストールしてもメッセージが出続ける場合はお問い合わせください。

※関連FAQはこちらをご確認下さい。

コンテンツ制作者がEdgeを既定のブラウザにしているとFlash版のプレビューができません。(Maker側のプレビュー機能) 既定のブラウザをEdge以外に設定してください。

設定>Windowsの設定>アプリ>既定のアプリ>WebブラウザーからEdge以外のブラウザに変更してください。

browser-change

STORM Maker

不具合内容 回避策
閲覧者がEdgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを閲覧すると、FlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

storm

Flashのダウンロードリンクをクリックすると、サイトでのFlashの許可設定が可能です。「常に許可」をクリックすると閲覧できます。

常に許可

8/10追記)

STORM Maker 1.15.6以降で書き出したコンテンツの場合、表示されるメッセージが以下のように改良され、閲覧者が迷いにくくなっています。
「Flash Playerが無効またはバージョンが古いため閲覧できません。こちらから、Flash Playerの実行許可または最新バージョンのダウンロードをしてください。」

備考:
「HTML5のみ」「Flash+HTML5」コンテンツは、HTML5コンテンツが表示され、閲覧に問題ありません。

THiNQ Maker

不具合内容 回避策
閲覧者がEdgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを閲覧すると、FlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

thinq

Flashのダウンロードリンクをクリックすると、サイトでのFlashの許可設定が可能です。「常に許可」をクリックすると閲覧できます。

常に許可

備考:
「HTML5のみ」「Flash+HTML5」コンテンツは、HTML5コンテンツが表示され、閲覧に問題ありません。

コンテンツ制作者がEdgeを既定のブラウザにしているとFlash版のプレビューができません。(Maker側のプレビュー機能) 既定のブラウザをEdge以外に設定してください。

設定>Windowsの設定>アプリ>既定のアプリ>WebブラウザーからEdge以外のブラウザに変更してください。

browser-change

Platon

ここでは、Platon自体の現象について報告します。
教材を「見る」をクリックした後の動作は、各教材の動作に依存します。FLIPPERSTORMTHiNQのレポートを参照してください。

不具合内容 回避策
管理画面の設定で「設定>動作設定>学習画面>閲覧環境チェック>FlashPlayerの未インストールのアラート:ON」のとき、FlashPlayerがインストールされ有効になっていても、FlashPlayerをダウンロードを促す画面になります(管理画面/受講者画面) 「FlashPlayerのダウンロード」をクリックすることで、サイトでのFlashの許可設定ができます。「常に許可」をクリックしてください。
platon-1
platon-2常に許可
管理者がレポート作成ツールを起動すると、「WindowsによってPCが保護されました」が表示されます。

block

[詳細]クリック>[実行]をクリックし、起動してください。

win10-block

Libra(旧バージョン)

ここでは、Libra(旧バージョン)自体の現象について報告します。
コンテンツをクリックした後の動作は、各教材の動作に依存します。FLIPPERSTORMのレポートを参照してください。

不具合内容 回避策
閲覧者がEdgeでコンテンツ詳細を開くとFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

libra-1

Flashのダウンロードリンクをクリックすると、サイトでのFlashの許可設定が可能です。「常に許可」をクリックしてください。

常に許可

管理者がEdgeで管理画面を開くとFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

libra-2

Flashのダウンロードリンクをクリックすると、サイトでのFlashの許可設定が可能です。「常に許可」をクリックしてください。

常に許可

Libra V

ここでは、Libra V自体の現象について報告します。
コンテンツをクリックした後の動作は、各教材の動作に依存します。FLIPPERSTORMTHiNQのレポートを参照してください。

不具合内容 回避策
管理者がEdgeで設定画面を開くとFlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

libra-v-2

Flashのダウンロードリンクをクリックすると、サイトでのFlashの許可設定が可能です。「常に許可」をクリックしてください。

常に許可

管理者がPDF2FLIPPERを起動すると、「WindowsによってPCが保護されました」が表示されます。

block

[詳細]クリック>[実行]をクリックし、起動してください。

win10-block

GigaCast

不具合内容 回避策
Edgeを利用すると、管理画面、講師画面、参加者画面が表示できません。今回のアップデートでは、EdgeでFlashブロックが強化されており、その影響と思われます。現状、FlashPlayerがインストールされ有効になっていても、画面を表示できません。

■管理画面/講師画面

gc1

■参加者画面
(GigaCastバージョンに応じて異なります)

<GigaCast ver1.7.12の場合>

gc2

<GigaCast ver1.7.11以前
(GigaCastCloudを含む)の場合>

gc6

<GigaCast ver1.7.13.1
(管理画面/講師画面/参加者画面)>
Edge画面上に、Flashを有効にするようなボタンを設置しました。画面の指示に従って許可することで、閲覧することができます。<GigaCast ver1.7.12
(管理画面/講師画面/参加者画面)>
Edge以外のブラウザをご利用ください。※InternetExplorerでは上記事象は発生しないことを確認済みです。gc4
<GigaCast ver1.7.11以前
(GigaCastCloudを含む)の参加者画面>
「Flash Playerをダウンロード」をクリックし、AdobeFlashの実行を許可してください。gc3常に許可

スコア/オンラインストレージ

不具合内容 回避策
既定のブラウザがEdgeになっている場合、作成ソフトからスコア・オンラインストレージを起動すると、管理画面が表示されません。

EdgeでFlashブロックが強化されており、その影響と思われます。FlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

flash-message

Flashのダウンロードリンクをクリックすると、サイトでのFlashの許可設定が可能です。「常に許可」をクリックしてください。

常に許可

オフライン閲覧キット

不具合内容 回避策
閲覧者がEdgeで「Flashのみ(HTML5非対応)」コンテンツを閲覧すると、FlashPlayerがインストールされ有効になっていても、Flash Playerのダウンロードを促す画面が表示されます。

thinq

既定のブラウザをEdge以外に設定してください。

設定>Windowsの設定>アプリ>既定のアプリ>WebブラウザーからEdge以外のブラウザに変更してください。

browser-change

更新履歴

● 2017年8月10日: STORM Makerの回避策を更新
● 2017年7月31日: FLIPPER Uの回避策を更新
● 2017年4月24日: スコア・オンラインストレージの回避策を更新
● 2017年4月13日: STORM 動画キャプチャツール、マニフェストエディタの検証結果を追加
● 2017年4月10日: Windows10 4/11 アップデートの影響についてを新規記載

2017/8/10 | Author: 野呂 | Category: 動作検証・不具合状況報告,重要なお知らせ